暑熱順化

暑熱順化

こんにちは!!

保育士の奥本です!!

 

今回は『暑熱順化』についてお話しします。

 

暑熱順化とは暑さに負けない体作りをすることです。

暑さに順化することで熱中症になりにくくなります。

暑熱順化は暑さが本格化する前の5~6月頃から取り組み始める必要があります。

 

暑熱順化をするためのポイントは汗腺機能を鍛えることです。

主に2つの方法があります。

①運動での発汗

1回10~15分くらいのウォーキングを1日に2~3回行います。

汗ばむくらいの強度で始め、徐々にペースを上げたり、時間を増やしたりすることで、運動することに体を慣れさせましょう。

10日ほど続けると効果が出ます。

②入浴での発汗

夏になるとシャワーだけで済ませる人も多いですが、毎日40℃くらいの湯船に浸かりましょう。

10分くらい入浴します。

入浴することで汗腺が開くので効果的です。

汗腺の機能が高まると、汗とともに出るナトリウムの量が減ります。

すると塩分の少ないサラサラの汗をかけるようになります。

そうすることで、体液のバランスが崩れにくくなり、熱中症の予防になります。

 

暑さが苦手な子どもたちにはしんどい時期が訪れます。

日々を健やかに過ごせるよう、暑熱順化を意識してみてください。